スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股関節

前回の授業の後カイロプラクティックの学校の生徒さん達との飲み会があったのですが結構このブログを見てくれてるって生徒が多くてびっくりしました。

沢山の人が見てくれてると頑張って更新しなければという気持ちになりますね。

今日は股関節のことについて書いてみます。

股関節の作用は屈曲、伸展、内転、外転、内旋、外旋の6種類です。

屈曲、伸展、内転、外転については日常生活で多く使われる動作なので自分の股関節のズレに気が付きやすいですしあまり左右差の出ずらいものと言えます。

逆に内旋、外旋は本人の自覚はないが大きく左右差の出ることが多いです。

leg-naisen[1]

特に女性で小さいころお姉さん座り(横座り)をよくしていたひと、そして右に足を出しては座りやすいけど左に足を出しては座れない人などは要注意です。

特にこのような股関節の左右差は腰痛などに深くかかわってきます。

この股関節の内旋、外旋の左右差はカイロプラクティックの施術と自宅での簡単なエクササイズの繰り返しによりしっかりと改善させることが可能です。

是非心当たりのある方はご相談下ださい。


MINATOカイロプラクティック西船橋駅前整体院
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 船橋市の整体、加圧トレーニング All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。